学校関係(出前授業希望)の方へ

小中高校・大学での国際理解出前授業

世界は広い!人々の生活を知ろう

当会では、会員の豊かな社会経験と開発途上国でのJICAボランティア経験を基にして、小・中・高校・大学などで「国際理解」「国際交流」の授業や、「異文化理解」「生き方」「理科教育」「世界的に『環境問題』を考えてみよう」などの授業に講師を派遣しています。具体的な事前打ち合わせを行い、ご希望に沿った国、課題に対しわかりやすい授業を心がけています。
以下の写真は、当会会員と留学生または在日の方とのペア授業の一コマです。

国際理解出前授業の様子

豊島区立仰高小学校 出前授業

2019年12月10日に豊島区立仰高小学校でセントルシアを紹介する出前授業を実施しました。東京オリンピック・パラリンピックに向けて、豊島区はセントルシアのホストタウンに選ばれています。当会の野口烝治会員はJICAシニア海外ボランティアとしてカリブ海の島国セントルシアに赴任経験があります。当時の同僚ボランティアと結婚され、現在は豊島区に在住のセントルシア出身の青木マギーさんとのペア授業を行いました。授業はマギーさんの自己紹介からスタートし、子供たちからの歓迎の「東京よさこい」踊り、セントルシアの紹介、マギーさんの不思議な帽子の紹介と続き、最後にセントルシア伝統の縄跳びにマギーさんと一緒に挑戦し、大興奮の出前授業となりました。

三浦市立三崎小学校 出前授業

2019年11月28日に神奈川県三浦市の三崎小学校で環境地球儀を製作する出前授業を実施しました。世界地図の展開図が描かれた紙を切り抜き、糊付けして組み立て、正12面体の地球儀を製作します。子どもたちは真剣に和気あいあいと楽しみながらオリジナルの地球儀を完成させました。講師は上田恵一、齋尾恭子、鈴木 新、橋本敬次、森岡 潔各会員です。完成後に、子供たちとともに5人の講師も一緒に美味しい給食をいただき、交流をしました。一方通行でない、このようなワークショップ形式の授業では子どもたちが意欲を持って参加でき、思い出に残る授業になったと思います。

JICA研修員による出前授業

JICA研修員はJICAを通して日本の大学に学ぶ留学生、自国のエリ-トで、異文化に満ちた人たちです。この研修員たちが小中高校へ出向き、英語で国際理解の出前授業を行います。民族衣装を纏った研修員たちが母国の文化などを英語で紹介。会場の教室・体育館は異文化空間となり、児童生徒たちは英語で研修員たちと対話を楽しみます。ここには、未来を担う子供たちの「驚きと感動」の姿、そして笑顔がありました。

川崎市立岡上小学校出前授業

2019年9月19日に川崎市立岡上小学校において、6年生2クラス 57名を対象にJICA研修員による英語授業が実施されました。英語を公式言語とするペナン、エジプト、ガーナ、マラウィのJICA研修員を講師として招き、「アフリカを知ろう」のサブタイトルを付して行われました。JICA研修員がパワーポイントでプレゼンを行った後、2~3人の生徒が英語での質疑を行い、小学校6年生とは思えない授業が行われました。その後、校長室で研修員から、「日本人は英語を分かっていても積極的に外国人と話すことが苦手のようだが、小学校から外国人と話す機会を創ることは今後の日本にとって大切なことだ」との感想が述べられ、有意義な出前授業となりました。

横浜市立東山田中学校 国際理解講演会

2020年2月26日に横浜市立東山田中学校において、国際理解講演会が同校の講堂で行われました。当初、4名のJICA研修員(アフガニスタン、アルゼンチン、エジプト、リビア)による講演を、質疑応答を含め4 カ国で計 1 時間半実施の予定でした。ところが、実施日の前夜10時過ぎになって、新型コロナウィルスを心配してか、風邪を理由に、2名の研修員(エジプト、リビア)からメールによるキャンセル通知が突如舞い込みました。当日、学校側と調整し、急遽、当会会員2名が予め受け取っていたパワーポイントを使い英語でプレゼンし、 なんとか代役を果たしました。外国人との触れ合いを楽しみにしていた生徒たちには残念な思いをさせ、今後に課題を残す講演会となりましたが、学校側の真摯な対応に救われた思いでした。

教育の現場で授業をご担当の方々へ

授業提案書

私たちの活動のご利用をご検討いただくため
冊子を作成しています。

2020年版を発行しました。

PDF版はこちらから表示・ダウンロードできます。

授業提案書2020(PDF)

講師派遣依頼書

出前講座をご希望の方は講座派遣依頼書に必要事項を記入後、送信をお願いします。

-

講座・講師依頼内容

曜日

最寄駅:
線:
駅:

交通費:実費(当日及び事前打ち合わせのもの)
その他:実費(当事者間で合意したもの)